運転 の 仕事 求人 募集

運転の仕事。鉄道・バス・タクシー・飛行機など運転の仕事に関する情報サイト。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


陸送ドライバー

陸送ドライバーとは、車両を運転して現場へ届けたり、現場から指定の場所へ戻す仕事をいいます。

陸送する車は勤務先によってバリエーションが多く、普通車から建設用の車両まで様々です。

整備工場の場合:

整備工場では、車両の整備の他、新車や中古車の販売といったディーラー的な業務もあります。

このような本業に付随して、新車や中古車の納車や納車後の送迎車の運転、新車、中古車の回送、整備後の車両のお届けなどの業務が発生します。
家族で経営しているような小さな整備工場では、自動車整備士が陸送までを担当します。

しかし、中規模以上の会社では、自動車整備士には整備に集中してもらうため、陸送ドライバーを歩合給で雇うことがあります。

通常、普通免許があれば十分です。


重機レンタル会社の場合:

建設機械は、非常に種類が多く、中小規模の工務店では業務に必要なすべての重機をそろえることはしません。
必要なときだけ、必要な重機(バックホー、アスファルトのカッター、大型ダンプ、クレーンなど)をレンタルするのです。

この場合、レンタルの方法は2通りあります。
重機だけをレンタルする場合と重機をドライバーとセットでレンタルする場合。

どちらのケースでも、重機を現場に運ぶドライバーが必要になります。

ドライバー付のレンタルの場合は、さらに現場に運んだ重機を操作して1日土方仕事をする技術が必要です。

したがって、重機のレンタル会社では、普通自動車免許のほか、大型免許取得者、さらに重機などの操作ができる人が優遇されます。


車両積載車ドライバー場合:

車両積載者は通称キャリアカーと呼びます。
自動車を何台か積載して運送します。

分類としては、大型トラックや大型トレーラーになりますが、車両を何台かまとめて移動するために使います。

例えば、中古車販売業であれば、中古車のオークション会場で落札した自動車を販売店へ陸送するために使用します。

また、ディーラーやメーカーであれば、新車の陸送のために使用されます。

基本的に大型免許が必要です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。